​紹介

代表 廣田 隆一

私は、農園を自分の作品として一生かけて完成させて行こうと考えています。

ご来園くださったお客様にとって、ここで過ごす時間が特別な物であって欲しい。

どうしたら、お客様のお腹だけでなく、心まで満たせるのだろうか。

と考えると、私はアートという物が不可欠であると考えました。

もちろん、作物としてのいちごがしっかり出来ていなくては全く話になりません。

しかし、食べる物さえあれば人は満たされるのかと言うと、そうではない。

人がなぜいちご狩りに行くのかと言えば、一番は精神的な物を満たす為に行くのだと思います。

そこでまず私は、拙いながらシールやパッケージ、のぼりやのれんなどの販促品のデザイン、

ハウス内に展示するビジュアル作品や農園オリジナル曲、そしてこのホームページを自作する事から始めました。

最終的に私の農園がどうなって行くのかは、なってからでないとわかりませんが、

世界にここだけにしかない様な、個性的な楽しい農園になれたらいいなと思っています。

当園について
 
世田谷区では初となる、高設栽培システムを導入した衛生的な環境でいちごを栽培しております。

従来の土耕栽培と違い、いちごが手の届きやすい高さに実っている為、採り易く、屈まずに済む為、お腹が苦しくなりません。

虫や病気の出にくい環境作り、紫外線や炭酸ガス、天敵、食品由来の薬剤の使用などにより、化学農薬を極力減らした栽培に取り組んでおります。

主な品種は、実が柔らかく、酸味の少ない章姫と、実が硬めで酸味のある紅ほっぺ。

高設栽培ではポピュラーな品種です。

2021年より、よつぼしの栽培も開始致しました。

いちごろう 標準.jpg